玄米では糖尿病は治らない




糖尿病の治療法は大きく分けて3つの方法があります。
1つは薬物療法。たとえばインスリン注射やインスリン耐性を抑える薬を服用するようなことです。
2つ目が食餌療法。一日の総カロリーを1800キロカロリー以下に抑えるということです。
3つ目が運動療法。1日1万歩以上歩きなさいというようなことです。

でもなかなかこれは実行するのは難しいです。
薬物療法は基本的に対処療法です。現状維持か次第に悪化するかのいずれかです。
改善する方向には持っていけません。
次に食餌療法ですがこれも難しい。まずカロリー調整自体が非常に煩雑で実行困難です。
カロリーを抑えすぎると逆に低血糖になります。
運動療法ですが1日1万歩確保するのは実際どうでしょうか
できないことはありませんが難しいのが本音ではないですか?

これを根本氏はある方法で改善することを見つけ体系化しました。





糖尿病治療には玄米がいいというのが通説です。
しかし根本氏は玄米を食べ続け体調不良になったのです。
周りの人たちも玄米を食べ続けたにもかかわらず早く亡くなられた方が多かったそうです。
そこで根本氏は玄米について研究をしました。
その結果アブシジン酸という物質が玄米の中には豊富に含まれており、
体の中の活性酸素を増やすことが分かりました。
活性酸素は適度であれば病気から身を守るものなのですが、増えすぎてしまうと自分の体まで攻撃してしまい、
糖尿病をはじめ、様々な病気の原因となることが分かったのです。
そこで根本氏は糖尿病の治療法となる玄米を研究し、3年もの試行錯誤を重ね、根本式○○玄米をついに完成させることが出来たのです。

その集大成となるのがこの根本式糖尿病克服法<特許出願中>です。

糖尿病に悩むあなた。一度試されてはいかがでしょうか。



今昔、出会い系サービス